いももすのブログ

こんにちは。いももすです。好きなことを書きます。DC-3になりました。

あこがれるよね〜!♯11 崩壊した世界を放浪する男

 どうも、こんにちは。いももすです。

 

 あこがれるものを紹介する、「あこがれるよね〜!」第11回。

 

 第一回「アメリカンジョーク」

imomosu.hatenablog.com

 

 毎週土曜日午後10時更新、全12回を予定しています。

 いやー、次回で終わりですね。

 

 第11回は「崩壊した世界を放浪する男」です。

 

 

 皆さんは、放浪したことがありますか?

 

 現代日本「放浪」することはとても難しいように感じます。一旦日本が崩壊してくれないといけませんね。

 漫画とかでありませんか?崩壊した日本を、訳あって放浪し続ける男。

 

 ・・・よく考えてみたら全然例が思い浮かびませんね。どこから僕はその着想を得たのか・・・。ちょっと考えてみます。

 

 〜5分後〜

 はい、例を二つ思い出しました。

 AKIRA」の大佐と、20世紀少年」のケンヂですね。

 

 どちらも、自分に苦悩し、目的を持って放浪しています。

 

 ・・・めっちゃかっこよくないですか?

 人間として「悟った」感と、崩壊した世界で唯一流れから逸脱してる感がなんとも・・・。

 

 僕も男として、やっぱり、崩壊した世界で放浪してみたいものです。世界が崩壊した時に備えて、イメージトレーニンをここでしておきましょう。

 

 

 

ハカマダ(ミジマ帝国 治安管理部 最高管理官・治安執行官)

 「この男は我らミジマ帝国に反き、食料の配給に抗議を唱えたものである!」

 

 「今日の昼食がコオロギ3匹だけなんて、あんまりだ!」

 

ザクッ

 

 「ぎゃあああああ!!手があああああ!!!」

 

ハカマダ

 「見よ!これが、我ら帝国王政に逆らった者の流す、不浄の血である!!!!」

 

 民衆から悲鳴と狂喜の音。

 

 「たっ、たすけてくれええええ!!!誰かあああああ!!!!!」

 

ハカマダ

 「もう遅いわ!」

 

ドンッ!

 

 ・・・・・流れた血は、ハカマダのものであった。

 

ハカマダ

 「・・・き、貴様は・・・」

 

ショットガンを抱えたいももす

 「・・・」

 

ハカマダ

 「・・・帝国に反いた第一級犯罪者が・・・未だ生きていただと・・・ぐはっ」

 

 「・・・あ、あなたが、いももす・・・」

 

いももす(ミジマ帝国 元 治安維持部 最高管理官・治安維持隊 隊長)

 「自由になりたいやつは、ついてこい。」

 

 

 ・・・くぅ〜〜〜〜っ、これですね。これで、いつどんなタイミングで世界が滅亡しても、かっこよく放浪できますね。ストーリーは想像で補ってください。なんとなくわかりますでしょ?

 

 個人的に思う「崩壊した世界を放浪する男」の欲しい要素

 

1.組織に属していない

2.満を辞して登場する

3.もとは何か重要な役職についていたであろうことが予測できる

 

を全部ぶち込みました。

 

 こんな漫画読んだことないですけど、なぜか「あるある〜」って思っちゃいますよね。なんでなんだろう。どっかでこれと同じような漫画を見たことがあるよ〜って方がいたら、教えてください。

 

 では、また来週、最後の「あこがれるよね〜!」でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北斗の拳 1巻

北斗の拳 1巻

 

 マジで完全に忘れてた。なんで?