いももすのブログ

高校二年生が日記を書きながら書くブログ。

小手先へ走る男


www.youtube.com

 デヴィッド・フィンチャー監督の「ドラゴン・タトゥーの女」を観た。めちゃくちゃおもしろかった。スリルでヒリヒリする映画だったなー。2時間半以上あるしサスペンスだしで、もしかしたら眠くなるかもって思ってたけど、編集のテンポがとても良くて、一瞬も退屈しなかった。ていうか、情報量が多すぎて考えるのを止めた瞬間置いていかれるから、退屈してる暇がないっていうのもあった。ヴァンゲル家の血縁関係は未だに曖昧にしか把握してない。あれ初見で覚えられる人いる?

 リスベットのキャラがめちゃ良かったので、(キャストと監督違うけど)続編の「蜘蛛の巣を払う女」を観ることも検討してる。

 フィンチャー監督の映画はこれ含めて4作(「ファイトクラブ「セブン」ゴーン・ガール」「ドラゴン・タトゥーの女」)観たけど、どれも暗くて陰鬱な、重みを持った映像の作り方で、魅力的だなぁって思う。「ザ・キラー」観たいけどネトフリ入ってないんだよなー。

 

 最近好きな人ができて、楽しくも辛い日々を送っている。相手と話すチャンスを作れない、チャンスがあってもあと一歩勇気の出ない自分に辟易する。偶然相手が話しかけてくれて、死ぬほど死ぬほど死ぬほど舞い上がりながら二言三言だけ言葉を交わして、そのあと「なんでこの程度で舞い上がってんだよ」って自分を責める。

 「釣り合わないな」っていう意識がすごくある。彼女は、飾り気がなくて可愛くて賢くて知識欲が旺盛で、真面目で地道に努力ができて成績も良くて、いつも気遣いができて、考えながら会話できて、色んな人と仲が良くて、友達を大事にしてて、僕よりずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと前を行ってる人。対して、僕は彼女に、好きになってもらえるだけの良いところを今まで見せてこれたのか。てかそもそもそんなもん僕に存在するのか。わかんない。耐え難い。

 寒風吹きすさぶ放課後、マツモトキヨシへ行った。口臭科学から生まれたNONIOの、ホワイトニングもできるというデンタルリンスを買い、口臭を一時的になんとかしてくれるマウススプレーを買い、新しい歯ブラシを買った。その夜、様々な比較サイトを元にリサーチし、翌日またマツモトキヨシへ行き、オルビスのクリアフルウォッシュを買い、ナチュリエのハトムギ浸透乳液を買い、泡立てネットを買い、NONIOの舌クリーナーと舌用クリーニングジェルを買った。心の何かを埋めようとしている。この2日で5千円近く散財する僕の自制心のなさと、焦り。僕の肌が多少キレイになって、口臭がなくなって、彼女が僕にどうこう思ってくれるわけがないって、頭ではわかってるつもりなんだけど。

 人間関係とかの問題で自分に自信が持てなくなったとき、僕は小手先の自分磨きに走る性質があるらしい。小手先もいいけど、もっと大事な、本当に頑張らないといけないところで頑張れないと、何も進められないと思う。

その背伸びでキャッチしてみな

 2024年が始まってはや半月。いかがお過ごしでしょうか。僕は普通です。

 最近Spotifyを初めて利用して、曲の豊富さと、無料でなんでも聴けることに感動した。すごい。音楽って楽しい〜〜〜〜!って思った。フルアルバムとか無料で聴けるのやばくね?ちゃんとアーティストに還元されてるのかな。還元されてなくても使っちゃうかも・・・。

 group_inouがミニアルバム「HAPPY」をリリースした。これもSpotifyで聴ける。

 最高。group_inouの音楽性が本当に好き。カタルシスに溢れたトラックに乗ってやってくる、意味あるんだろうけど意味わからん言葉の明滅に翻弄されながら、それを全身で受け入れていく瞬間を積み重ねる、気持ちよさ。「ON」とか良い。

 


www.youtube.com

 

 ブログに何を書こうかと考えるとき、もちろん日々のことを書くけども、あんまり知られたくないこととか、自分の気持ちが整理しきれてなくて上手く書けないことは大体省く。今から書くことは、あんまり知られたくないことかつ自分の気持ちが整理しきれてないことだけど、最近の僕の日々のほとんどがそのことで埋め尽くされているので、書かざるを得ないと思って半ば渋々書く。こういうことをブログに書いてネットの海に放流し、不特定多数(僕のブログだし少数かもしれないけど)の目に晒すことにはだいぶ抵抗感があるなぁ。なんでここまで渋っているかというと、男子高校生の片想いほど情けなくて見苦しいものは他にないから。

 ひと月ほど前から僕の熱視線を受けているその女子は、僕と同じ部活動に所属していて、5年の付き合いがある。部員の少ない部活だし、二人で親密に話す機会も多かったけど、関係性としては同級生以上友達未満くらいにしかなっていない。5年間ぼんやり好意を持っていて、最近それが本当に本当の恋愛感情に移行した感じ。毎日毎日頭の中がその子のことでいっぱいで、ちょっとその子が視界に入るだけでもハッピーになって机ブン殴りたくなる。

 超絶付き合いたいので行動しようと思ってるんだけど、今そのことで頭を悩ませまくっている。部活同じと言ってもすでに僕ら夏の大会で引退してるので、もう会話の機会はない。同じクラスだけど、用事もないのに「なんか話そうよお」と言って話しかけられるほどの関係性でもないので、どうにも距離が縮められない。仮に話しかけることに成功しても強引に関係詰めたら嫌われるかもしれないし、相手が最初から心の壁張ってたらどれだけプロセス踏もうが無駄だし、5年間の付き合いの中で色々僕のしょーもねーところも見せちゃってるし、自分で言うのもなんだけど僕のパーソナリティって人から見て魅力的に思えるところがなさすぎるので、もしかしたらもう嫌われてるかもねとか思ったりして。

 この通り、あまりに見苦しい。女子一人相手に頭の中毎日パニックで右往左往してこの様。ひと月の間、頭の中だけで盛り上がりまくって実際は何もしてないし。勇気振り絞って唯一したことがあけおめLINE送ることってどうなん。紙飛行機を押す僕の指の震えようと、かわいい辰のスタンプと一緒に「こちらこそよろしくお願いします」ってメッセージが返ってきたときの僕の舞い上がりようを想像してみて。踊りだす勢いだったよ。でもやったことこれだけ。ほかは本当に何もしてないんだなぁこれが。とにかく強引に関係縮めるのが一番怖い。去年僕がそういう系の目に遭って、やんわりと相手を拒絶したことによって、お互い完全に気まずくなったという例がある。どうしても悪い想像がつきまとってしまう。すごく怖い。そして臆病になる。

 でも、そういうの気に病むのは後にしたほうがいいとは思う。group_inouの「CATCH」でも言ってたでしょ。「あぁ あぁ こんなことならば 好きな色 好きな人 その背伸びでキャッチしてきな 好きな色 好きな人 その背伸びでキャッチしてみな」って。後悔しないうちに背伸びしてキャッチするんだ。あと放課後ティータイムの「ふわふわ時間」でも言ってた。「もすこし勇気ふるって 自然に話せば 何かが変わるのかな?」って。あ、でもふわふわ時間では「だけどそれが一番難しいのよ 話のきっかけとかどうしよ てか段取り考えてる時点で 全然自然じゃないよね」とも言ってたわ。

 年末に観た映画「夜は短し歩けよ乙女」には勇気づけられた。前から好きな映画で何度も観ていたけど、やっぱり片想いをこじらせてるときに観ると違うわ。「考えれば考えるほどどん詰まっていく!たとえ跳んだ先が失恋という奈落であったとしても、恋をしたとき、人には暗闇へ向かって跳躍すべき瞬間があるのだ!このまま彼女へ想いを伝えないまま、明日死んでも悔いが残らないというものがあるか!!」っていう内容の映画。ぐっと僕の背中を、暗闇へ押し出してくれ。

 好きで好きでとにかく毎日幸せ&辛い。できる限り頑張ろうとしないと、逆に苦しい。だからまぁ、とりあえず頑張ってみる。ふわふわ時間も言ってたろ、「もしすんなり話せれば その後は・・・どうにかなるよね」って。どうにかなれ。

group_inouと旅のラゴスの話


www.youtube.com

 活動休止してたgroup_inouがいつの間にか新曲出してた。マジで良い。最高。しかもMVはAC部だし。

 

 筒井康隆の「旅のラゴス」を読んだ。おもしろかった。

 何年か前、いつだったか、宮脇書店太宰治の文庫と涼宮ハルヒの憂鬱と一緒に買ったような・・・そうじゃないにしてもそのくらいの時期に買ったまま、ほとんど読まずに放置していたものを、数日前からきまぐれで読み進めていた。で、昨日一息に読み終えた。おもろいんですわ。

 なんだろうな。作品紹介の文章にもあるけど、「不思議な物語世界に人間の一生や文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編」なんだよな。ラゴスの数十年に渡る旅と人生とか、人類文明や国の盛衰とか、色々やるんだけど、最後になったらきもちよく全部まとまってる。なんかきもちよくいい感じに。それがよかった。あと、行く先々の人々に「心」と「人生」の手触りを感じるのがよかった。あと、旅人っていうラゴスの立場の、いつでもどこへでも行ける、囚われない性質のある気楽さがよかった。

 物語の最後、最後の最後の最後、ラゴスは若き日の恋人デーデの影を求めて、帰路のない旅へ出る。このラストは胸に迫るものがある。なんで、そうまでして行ってしまうんだ、ラゴス・・・。でも、わかるっていう気持ちもある。そして、旅へ出るラゴスを最高にかっこいいと思って、願わくばデーデに出会えたら・・・って祈る。そういういろんな感情が揺り動かされるラストだった。

 旅のラゴス、良い小説だった。

 

 今年最後なのに、group_inouと旅のラゴスの話しかできなかった。他に何かあるかな。セールに乗じてイオンに服を買いに行った話。服を買いに行くという経験は人生二度目。ピンと来る服を試着して選んで買うという作業は、非常に楽しかった。初めて、服を買うことが楽しいと思った。

 2023年は終わり。良いお年を。

僕が今年よく聴いた曲

 今日で補習授業も終わったので、いよいよ本格的に年末だ。

 僕の使ってる音楽のサブスク「dヒッツ」から、プレイリスト「あなただけの年間ランキング2023」が届いた。僕が今年よく聴いた曲をまとめてくれている。曲目は以下の通り。

 やくしまるメトロオーケストラ「少年よ我に帰れ」

 RIP SLYME「熱帯夜」

 YEN TOWN BAND「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」

 米津玄師「KICK BACK」

 Vaundy「CHAINSAW BLOOD」

 宇多田ヒカル「One Last Kiss」

 KOHTA YAMAMOTO「Splinter Wolf」

 澤野弘之「Bauklotze」

 SiM「The Rumbling」

 ニルヴァーナ「Something In The Way」

 大塚宗一郎「アクマの目」

 キツネリ「HYPERMARKET」

 group_inou「EYE」

 荒井由実ひこうき雲

 TRIPLE H「ROCK OVER JAPAN」

 Eve「ファイトソング」

 相対性理論「キッズ・ノーリターン」

 中島美嘉「GLAMOROUS SKY」

 PEOPLE 1「DOGLAND」

 SiM「UNDER THE TREE」

 Ado「新時代」

 爆弾ジョニー「唯一人」

 Lyn「I believe

 MIYABI,KenKen「Flashback」

 TOOBOE「錠剤」

 ほとんどの曲が今年観たアニメとか映画とかに関連する曲で、「今年こんなにアニメアニメ映画映画してたかなぁ・・・」って思う。別に恥ずべきことではないかも知れないけど、やっぱりなんか恥ずかしい。単体でイチオシの曲色々あるのに。ゆらゆら帝国の「ザ・コミュニケーション」とか。相対性理論の「13番目の彼女」とか。サカナクションの「ワンダーランド」とか。前知って衝撃だったけど、ワンダーランドって童貞・処女喪失をテーマにした歌らしいね。童貞喪失した暁にはワンダーランドを聴こう。

 

 クリスマスの日は、「8マイル」観て、チキンとケーキ家族で食べて、RIP SLYME の「熱帯夜」聴いて寝た。


www.youtube.com

 ラップバトル怖いなー。言っちゃだめなこと全部言うじゃん。受け付けないところはあったけど、エミネムはかっこよかった。あとこの主題歌もめちゃかっこいい。観た後20分くらい、自分がめちゃくちゃイカしたやつになったような錯覚に囚われた。颯爽とローソン行ってパイの実買って帰った。

 


www.youtube.com

 ウケる。

二学期振り返り祭りセッション

 終業式があった。懇談や補習があるので、実際には全然二学期は終わってない。でもまぁ、一つの区切りではある。二学期振り返り祭りをしよう。

 祭りと言いつつ、二学期の日記をパラパラと読み返してみると、「何もやってない」とは言えないくらい色々やってるけれども、「何かやったか」と聞かれると「何もやってない」と言わざるを得ない、それくらいの密度なんだよな。映画のハリー・ポッターシリーズ全部見返した。ジョジョ3部のOVA版を見た。小学校からの友達に4回連続で予定ドタキャンされた。そんで疎遠になった。イヤホンが壊れて、右耳から洗脳攻撃みたいな怪音が流れてくるようになった。母が顎の手術で一週間くらい入院した。父の会社の慰安海外旅行が、台風で前日に中止が決定した。本当なら今父はオーストラリアにいるはずだった。

 母が病院で体験した怖い話がある。その夜、母は病院のシャワールームでシャワーを浴びていた。脱衣所に誰かが入ってくる気配がしたので、次に利用する人かなと思って、シャワーをやめて脱衣所に出たらしい。足元を見ながら脱衣所に出たとき、視界の隅にその人のものと思しき点滴台が見えたが、顔をあげたら人も点滴もなかった。以上。

 弱いな〜。錯覚ってことでどうとでも説明できそう。だけど実際病院ってそういう体験多いって言うし、ホントにホントのやつだったかもよ。

 クリスマスが近いなぁ。僕は最初からリングに上がってすらいなかったような気がするけど、でも当日になれば敗北感を味わうことになるんだろうなぁ。やだなぁ。

 


www.youtube.com

 ZAZEN BOYSの新曲「永遠少女」を聴いた。ベース担当が変わってから初の新曲。超かっこいい。そんで怖い。シンプルだけど、衝撃的な曲。

映画っておもしれ〜〜〜〜〜〜。

 最近あまり新しい映画を観てなかったので、チェンソーマン16巻を買いにTSUTAYAへ行ったついでに、何か映画を借りて帰ることにした。20分ほど店内を歩き回った後、前から少し気になっていた「キル・ビル Vol.1」を借りた。で、今日観た。

 映画っておもしれ〜〜〜〜〜〜。って思った。

 すごい映画だわ。そして日本に生まれてよかった。もっと邦画のインプットがあれば超楽しめたかもしれないけど、そうじゃなくても最高の映画。いやぁ、映画って本当にいいもんですね・・・。

 

 チェンソーマン16巻を読んだ。おもしろい!今後の展開への期待が高まるエピソードが満載だった。新キャラの三船フミコ、良いキャラだなー。結構好きかも。ただカラオケは何?


www.youtube.com

 まんまとツッコみたくない。

 そして今回、実質的に「新キャラ」がフミコだけなのがおもしろいところ。第一部終盤の武器人間ズの「アッサリ感」がかなり好きだったけど、よく考えたらあんなにアッサリ退場するのって違和感あったかもね。掘り下げをするならそれはそれでおもしろくなりそう。17巻は春かな・・・。今度は発売日を逃さない。

ブログだし、たまには自分の恥部を晒してみるのも良いかもしれない

 最近、小さい自分磨き的なことをしている。

 毎晩軽めに腹筋を鍛えて、朝夕牛乳石鹸とぬるま湯で洗顔して、化粧水使って、リステリン買って口ゆすいで。「小さい自分磨き」と言えば、健全で健気なものに感じるけど、そういうんじゃない。

 「普通の男子高校生っぽいこと」がどういうことかわからないけど、学校を歩くたびに自分が普通の男子高校生っぽくないような気がして、それに強い強い強い疎外感・劣等感を感じる。周りから差別されているとかじゃない。むしろ周りの人たちは温かいけど、でも気になる。気づかないうち、自分はこの集団の中ですっごく挙動不審な人間なんじゃないかって。

 腹筋鍛えて、牛乳石鹸とぬるま湯で洗顔して、化粧水使って、リステリンで口ゆすいで、クラスに友達ができるんですか。半分自暴自棄になって、劣等感と疎外感の埋め合わせを試みてるところ。そういう空虚な努力がこれ。

 

 っていうようなことが、最近のもっぱら落ち込む出来事かな。ブログだし、たまには自分の恥部を晒してみるのもいいかもしれないと思った。

 他に落ち込んだことといえば、年末に短期バイトをやってみようと決心して、近所のスーパーの求人を頼って電話かけたら、求人に書いてある条件と電話口で言われた条件が一切合切違って大失望したっていう話がある。バイトなんてやったことないけど、高校出る前に校則を多少破ってでも労働を経験しておきたいっていう気持ちがずっとあったので、今年やっちゃうか!って意気込んだ矢先これ。十数回の深呼吸の後の電話でこれ。ウソつき!!!完全に萎えた。でもそんなんで萎えるほどの意志だったってことだよなー結局。

 

 チェンソーマンの16巻が先週発売されていたらしい。なんで誰も教えてくれないの?僕二日に一回はチェンソーマンのこと考えながら生活してたんだけど。

 一週間、チェンソーマンの16巻を読むことが可能でありながら読んでいない時間を過ごした。これは明確で甚大な損失。もったいなすぎる!15巻が「第二部読んでてよかった!」って心底感激するくらいおもしろかったから、16巻も早く読みたいと思ってた!明日放課後爆速でTSUTAYAに駆け込もう。