いももすのブログ

こんにちは。いももすです。好きなことを書きます。DC-3になりました。

ネタバレを避けて蛇行運転するシンエヴァの感想!

 どうも、こんにちは。いももすです。

 

 さようなら、全てのエヴァンゲリオン

 

 新世紀エヴァンゲリオンシリーズの完結作、「シンエヴァンゲリオン劇場版」が公開されて、一週間が経とうとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 僕は、公開初日に一回観に行き、今日二回目を観に行きました。

 

 初日には期待値も上がり切った状態で観たせいか、腑に落ちない点も多々あり、「これどうかな?」と思ったところもありましたが、二回目で注意深く観たことで話の流れや発言の意味などがわかるようになり、「面白い」と確信できる映画だと思いました。

 

 映画をまだ観ていない皆さんに、ネタバレをしないよう注意して蛇行運転しながら、感想を書いていきたいと思います。

 

 

 オー!クライマックス!

 

 完結を見ている、という感じがします。

 というのも、「これは新世紀の最終回でやりたかったんだろうな」と思う点がいくつかあって、その点もきちんと補完できていたのです。単なる「新劇場版の完結」ではなく、新世紀エヴァンゲリオンの最終回」という感じもありました。最初からやりたかった完結を、現代の技術で再構築した、ということかもしれません。胸熱ですね。

 

 あと、新劇場版序・破・Q(特にQ)で広げまくった風呂敷のほとんどを、きちんと納得いく形で回収することができています。後付けだとしても、これだけわかりやすく回収してくれた製作陣が素晴らしい!

 

 すいません、ネタバレなしで書ける感想には限界がありますが・・・作画、音楽、演出はもちろんのこと、脚本の面でもさまざまな「苦労ありきの完成度とクオリティ」がありました。

 新世紀の最終回や旧劇場版のラストが腑に落ちなかった人たちは、ぜひ、ぜひ、観に行ってみてください!

 

 

 

 僕は三回目のチケットを予約します。

 

 

 

 

 そういえば、主題歌「one last kiss」は最高ですね。映画観てから聞くと尚更込み上げてくるものがあります。ここではあえて動画を貼りませんが・・・意味わかりますよね?